アートと建築

エフェメラル?アートが生み出す、色褪せることのない影響力

一瞬の創造、ひとときの驚きを解き明かす

時には、一瞬にして姿を消してしまうはかない存在が、最も力強い印象を長期間にわたって生み出すことが可能です。アーティストは、アートの中に秘められた剎那的概念に常に魅せられてきました。そのつかの間の美は、後世へと殘すために捉えられるべきものではなく、一瞬にして立ち消え、風や波のような流れにさらわれる運命の存在です。実際に現代のアーティストは、アートに秘められたはかなさをかつてないほど大切にしており、そのつかの間の美が生み出す自由と一瞬にして消えてしまう象徴的な影響力を讃えています。氷河を蕓術の題材として捉え、一時的な氷や砂の美を描き出す先駆的なランド?アートから、決して複製されることなく、完成した後に解體されてしまう現代アート作品にいたるまで、つかの間の美を表現するエフェメラル?アートが持つ永遠の魅力は、人々の心を奪い、インスピレーションと感嘆を與え続けるのです。

移り変わる世界へ贈るエフェメラル?アート

あるべき場所でエフェメラル?アートを體感した際、その蕓術を體験した人々はあらたな見地を得るとともに、私たちが生きる世界のはかない性を説く力強いメッセージを伝達します。アートが持つはかなさを強調し、そのアートを包む一時性を引き延ばすことによって、エフェメラルアーティストとそのアートの観覧者は、幾重にも重なる象徴性と意味深さに近づく、名譽ある機會を得ることができるのです。蕓術作品、その作品を形成する素材そして私たちがアートを楽しむ空間、このすべては永遠に続く「時」を切り抜いた一瞬でしかなく、そのすべては瞬く間に変化または永遠に消え去ってしまう存在です。そしてそのはかない美しさを語り合い、共有し合う私たちの記憶の中でのみ存在し続けるのです。

エフェメラル?アートの作品は20世紀と21世紀特有のアートであると捉えられることが多い一方で、その起源は遙か昔の難解な歴史の中に眠っています。実際に東洋の映像文化において特別な意味を持つ瞑想的なアートのマンダラは、エフェメラル?アートの初期の例として捉えることができます。著色された砂を用いて描かれるマンダラは完成された後、風にさらわれ、散り散りとなってしまいます。完成された作品自體ではなく、マンダラを製作する過程とその間に費やす集中力に真の意味があるのです。

現代のエフェメラル?アートは、1960年代のベルリンやニューヨークのアート界にその起源を見ることができます。大きな影響力の持つDIY運営者で作品の製作と破壊を演出監督したJoseph Beuysと彼が手掛けるFluxus Groupは、アートはギャラリーのような規範的空間の外で體感されるべきであると確信していました。彼らの偉業は無數に公開された一時展示からうかがうことができ、空間がまったく新しい姿へと変化していく様に多くの観客が惹きつけられました。その他の例として、摑みどころのない霧が街中や自然を通り抜けていく様子を描いたFujiko Nakaya(中谷芙二子)のFog X FLOは、論理的な帰結へはかなさをもたらし、純粋な畏敬の念を起こす効果を生み出しています。

Sand mandala. 寫真出典©Jamyang Zangpo, Getty Images
エフェメラル?ランドアートが持つ永続的な影響力
Tangential Circular Negative Line Sculpture by Michael Heizer, Val de Bagnes. 寫真出典©verbier.ch

ランド?アートは、蕓術的ムーブメントの中でエフェメラル?アートをraison d’être―存在意義そのものとして印象付けたものです。記憶、成長、浸食といった概念を巧みに扱い、それぞれを自然が持つ壯大な力として閉じ込めて、印象的な一時のアートを通して結晶化させます。著名なランドアーティストであるAndy Goldsworthyは、風景と親密に関わり合いながら作品を生み出しています。しばしばマンダラを思わせる彼の彫刻は、氷、雪、落ち葉といった、すぐに溶けてしまい、その環境によって流され、吹き飛ばされてしまうような自然の素材を利用して製作されます。

その他のランドアーティストは、壊れやすい繊細な素材や環境を用い、アートとは何か、アートにできることとは何か、といった問いを投げかける光景を探し求めています。Michael Heizerが1969年に手掛け、キャニオンに沿って500メートルにもおよぶ溝を掘り進めたDouble Negativeは、非常に印象的な例として挙げることができます。完成後に自然に発生した浸食が徐々に作品の姿を変え、一時的なはかなさが持つ魅力をその作品に與えました。Heizerは、オリジナルの作品は砂一粒が最初に動いた瞬間であり、作品は永遠に姿を変え続けるものだと述べています。

現代のアーティストはGoldsworthy、Heizerといった蕓術家たちの偉業から著想を得て、自然の繊細さやはかなさを強調するエフェメラルな視點を用いています。2018年に発表されたOlafur Eliassonの作品Ice Watchは、用意された12の氷河が公の空間で徐々に溶けていく様子を描き出しました。この作品は蕓術的な一時性の美を、力強いメッセージとともに視覚的に訴えかけるものでした。

移り変わり続ける風景へ贈る革新的なアート

現代のエフェメラル?アートは、概念的かつ物質的に私たちが生きる時代を反映しています。かねてよりアーティストには私たちが共有する現実を映し出す責任があり、エフェメラル?アートが持つ一時性はアートに觸れる人々に深遠かつ象徴的な意味をもたらしています。こうした蕓術作品に觸れる機會は、価値ある大切な一瞬を切り取り、その美を體感する人たちに名譽ある體験を與えるのです。

そういった意味では、エフェメラル?アートはしばしば美しい光景を本質的に內包しています。そしてその光景とは蕓術的な自由が永続的な展示では成し遂げられないことを達成するための機會のことを指します。例えば、スロベニアの現代アーティストJAŠAはホテル內全體のインテリアを自由にデザインし直す機會を與えられました。與えられた期間は、ホテルが専門家によって完全に改裝されるまでの1年間です。概念にとらわれない彼の自由なアプローチとユニークな裝飾は驚くほどに魅惑的なデザインを生み出し、ホテルルームを自身のキャンバスとして次から次へと作り変えていきました。同様にCai Guo-Qiangが手掛けた照明裝置は一瞬にして空を照らし出し、きらめく映像を描き出しますが、その光は瞬く間に消えるようにデザインされています。

ニュージーランド出身の環境アーティストであるMartin Hillは、たったひとつの重要な素材だけを用いた強固な形狀を作り出すために、圧縮とテンション技術を利用して湖に反射する彫刻を制作しました。

つまり、エフェメラル?アートは目の前に広がる重要な側面とともに私たちが蕓術作品に觸れるすべての體験を際立たせます。感動的なものを目にした際や、美しく奧深いものであると感じる存在を目にした際、その感情に訴えかける影響力はまずその瞬間に存在し、その後記憶に殘り、熟考を通して高められていくものです。エフェメラル?アートとは、こうした本質が最高の狀態で具現化され、探求され、洗練されるものなのです。

Synergy. 寫真出典©Martin Hill
永遠を描き出すはかない美
SC パーフェクト コンシーラー

2020年、キャビアサイエンスを研究するラ?プレリーより、SC パーフェクト コンシーラーが登場しました。軽くてクリーミーなリキッドタイプのコンシーラーは、理想的なカバー力を実現します。美しい目もとの肌に導くため、瞬時に完璧な肌色を演出しながら、長時間スキンケア効果が持続します。

キャビアサイエンスとパーフェクトなカラーアートの融合である SC パーフェクト コンシーラー は、美容成分が豊富に含まれているといわれているキャビアから、最も繊細な成分であるスキンキャビアウォーター(保濕?肌にハリを與える成分)と肌に凜とした印象を與えるスキンキャビアエキス(肌を引き締める成分)を配合しています。そしてこの処方はラ?プレリー獨自のセルラーコンプレックス(オタネニンジン根エキス、スギナエキス、糖タンパクからなる複合保濕成分)によってさらなる高みへと導かれています。こうしたキャビア成分と先進のピグメントが一つになって、瞬時に肌色を整えその美しさが保たれる軽いテクスチャーのコンシーラーが生まれました。